>  > 地元で風俗遊びをする背徳感

地元で風俗遊びをする背徳感

風俗体験しました。地元で風俗なんていうのも実にいい感じですよね。ベッドタウンとして閑静なエリアが広がっているのに、そのひと部屋でエッチなことが行われている……なにか街の秩序を侵犯しているような。そんな感覚を持つと、背徳的で、エロスを余計に堪能できます。私なりの解釈をすれば、性的に抑圧されていた青年が、一気にマスタ○ーションするのに成功したような感じ。……余計にわかりにくくなりましたかね。それはともかく、今回選んだデリヘル店はイメクラ風のお店。コスプレだけでなく、多少のシチュエーションも注文できるというもの。今日着てくれた子は、OL風の衣装をしており、キリリとキレイに見えました。少しM気質があるため、キャリアウーマンの彼女に「そんな仕事もできないの?」なんて言われながら、「すみません」なんて返答しつつ抜いてもらうプレイをしました。それを地元で楽しんでいる自分を思うと、独特の快感が全身を駆け巡り、興奮がさらに増しますね。

ナースとのプレイについて

先日、デリヘル体験しました。イメクラ風のデリヘルです。そこにナース姿の女の子がいれば、もう容姿が大したことのない女性だっててそれなりに魅力的に見えてしまうから不思議ですよね。私は風俗で何故こんなにナースが私を魅了するのかと考えている訳です。ナースとは、何かをしてくれる人なのです。だから、何でもしてくれるのかなと私達の方では期待する訳ですが、実際のところ何でもしてくれる訳ではないですよね。そして、こっちから手出しすることも出来ません。つまり、私達は手錠をはめられた感じでナースに拘束されてしまっている訳です。ナースは何かをしてくれることによって、拘束された私達がそれ以上を期待して想像膨らませてしまうものなのです。どうにでもしてくれるような存在なのにどうにもしてくれない。そういう欲求って随分私達に溜まっていたのです。70分12,000円 のアブノーマルタイムなのです。風俗を楽しむ人たちはみなさん正常とは言えないですよ。

[ 2016-09-23 ]

カテゴリ: 風俗体験談

フリーエリア

カテゴリー

月別アーカイブ